工事測量

サンキは、工事測量のパイオニアとして、測量会社としては中部圏でいち早く本格的に参入しました。

今では専門知識を有した技術者が各方面で活躍しています。

またオートジャイロやGPS、自動追尾光波等、最新機種の導入により、最先端のサービスをご提供しております。

提供サービス

  • 造成に伴う測量 … 基準点・縦横断・土量計算・丁張り・確定測量
  • 橋梁に伴う測量 … 構造物位置・墨だし・高さだし・通り芯出し等
  • 建築に伴う測量 … 位置だし・墨だし・垂直の測量・面積計算等
  • トンネルに伴う測量 … ジャイロでの方向及び位置出し・路線測量等

その他さまざまなサービスをご提供しております。

工事現場の測量のことなら何でもお問合せ下さい。

土量計算や施工図作成など、測量関わらずご要望に合わせ対応致します。

起工測量

工事着工前に以前の測量成果と現地があっているかの確認を行います。

主だった内容といたしましては、基準点測量、水準測量、縦横断測量等になります。

こちらは、実際にお客様の御要望にあわせた内容で行います。

また、点検だけでなく、実際に施工する際に必要となる箇所に基準点、仮BMの設置なども行います。

丁張り

工事を進めていく為に、設計図面に示されている土工事の切・盛土、ブロック積み、石積み、管布設などのり勾配、位置及び形状を分かり易く現地に表します。

当社では、正確にスピーディーに作業を行います。

墨だし

建物をつくるという建築工程において、すべての基準を決めていく重要な基礎の作業です。

墨出し作業の指示を待つだけの仕事ではなく「プロ」の視点をもって、積極的に他の協力業者とコミュニケーションを図り、安全かつ正確な作業を提案していきます。

現況測量

建物を計画する際、さまざまな法規制に対し緻密な計画を行うためには正確な現況測量図が必要になります。

道路、塀の位置、建物の配置、上下水道設備、植栽などの現況と高低差を詳細に測量します。

また、GPS及びジャイロステーションを使用して真北測定も行います。

出来形測量

工事の竣工検査に合わせて、法面積・舗装面積・各所構造物の延長距離及び高さなどの測定を行い、CAD図面で作成致します。

また、TS出来形管理にも対応させて頂きます。

縦横断測量

建物を計画する際、さまざまな法規制に対し緻密な計画を行うためには正確な現況測量図が必要になります。

縦断測量は中心線上での地形変化点の地盤高及び中心線上の主要な構造物の標高の測量を行います。

一方、横断測量は中心点における中心線の接線に対しての直角(法線)方向上にある地形の変化点及び構造物を中心点からの距離及び地盤高の測量を行います。

また、測量結果に基づいて図面を作成し、設計図面に赤書き、横断図面から土量計算も行います。


社員専用ページへ